看護師のキャリアアップ【海外編】

国外からも需要が高い看護師

看護師の資格は非常に汎用性が高く、日本国内だけでなく海外でもその能力を活かした仕事ができます。
日本国内でも看護師資格者は不足がちになっていますが、海外においてもその事情は変わらず日本の信頼性が高い教育育成機関を卒業した看護師は人気となっています。

看護師資格を生かして「国境なき医師団」といった国際的な救助活動に参加をする人も多く、広い世界で人の命を救う仕事をしていくことができます。
ただし資格があるといってもどの国でどのように働くかはそれぞれ規制がありますので、もし海外でキャリアを伸ばそうと考えているならどういった受け入れ先があるかということをよく調べて信頼できる団体を頼った方がよいでしょう。

看護留学制度を使用して人脈を作る

現在看護師として勤務をしている人を対象とした「看護留学」という制度があります。
看護留学とは日本と提携している国々(米国、カナダ、オーストラリアなど)の実際の病院施設に短期間勤務をすることができるというものです。

年齢制限はあるもののワーキングホリデーなどを使えば勉強をしながら収入の得られる仕事をしていくこともでき、就労のためのビザ取得の手間も省けます。
海外で仕事をするためにはビジネスでの英語力、語学力は必須ですので、そうした制度を利用するときには国内での英語資格で高い成績を出さなければいけません。

通常の就労ビザ取得が難しい国であっても、不足する看護人材を確保するために特別に看護ビザを設けていることもあるので、長く海外で勤務をするときには調べてみてください。