看護師の給与について

月収ではなく時間給で考えてみましょう

看護師の仕事は資格がなければできない専門的なものということもあり、収入面は比較的高水準となっています。
特に女性にとっては資格がそのまま給与アップに繋がる大変使いやすい資格です。
厚生労働省の調査による看護師の平均年収は472万円とされており、通常の企業での一般職と比べれてかなり高いと言えます。

しかしそうした年収は基本給が高いのではなく、夜勤や連勤により時間外の給与が支払われることにより高くなっているということもよくあります。
若くて体力が十分にある時ならそうした体を資本にした働き方もできますが、体力が落ちる年齢までずっとそうした働き方ができるわけではありません。

看護師としてより高給を目指すというときには、単に額面が高くなるということではなく時間給で換算したときに十分に満足のいく金額になっているかということで判断するべきでしょう。

長く勤務をしてもなかなか給与が上がらない

看護師と医師の資格で最も大きな違いとなるのが、長くその施設に勤務をしたときの給与の上昇です。
医師の場合長く勤務医をしていると医局長や院長といったポストに昇進していくチャンスが生まれますが、看護師の場合にはそうしたことがありません。

もともと女性が多い看護師職では昇給制度がなかったり、産休・育休のために退職をする人が多いため継続的なキャリアプランがないというところもよくあります。
逆に言えばより給与を高めたいという人は、長く一箇所にいるよりも転職をした方が可能性が高いということになります。