健康セミナー

kenkou

医療・健康セミナーの概要

「医療・健康セミナー」とは、 一般社団法人日本健康機構が主催している人の健康に関する情報の科学的な見方を学ぶためのセミナーです。

セミナーは定期的に行われており、毎回定例セミナーとしての内容と合わせ特別セミナーとしてその時に流行している旬の医学の話題を取り上げるので、複数回参加をしてもとてもためになるセミナーと言えます。

定例セミナーとして開催されているのは「痛み・病気と緩消法」というテーマであり、病気になった場合の痛みとその対処方法についてが話されます。

講師として招聘されている坂戸孝志氏は日本でも有数の「痛み」に関する研究者であり、自身がかつて事故により強い腰痛を伴う持病を経験してきたことにより、その経験を生かした痛みの軽減についてのケアを研究されています。

痛みと病気は引き離せない問題

つい数年前に起きた実際の事件で老々介護殺人がありました。

寝たきりになっていた妻に痛みに耐えられないので殺して欲しいと依頼された夫が殺人をおかしてしまったという事例ですが、高齢期を迎えて感じる病気と痛みは想像を絶するものがあります。

痛みは体を治すための働きの一つとも言われますが、毎日感じる痛みは生きる意欲を無くすほどの強いストレスになります。

このセミナーでは実際に痛みを感じる患者さんへの対応方法を学べる、多くの医療従事者におすすめの内容です。