救急救命士の仕事

救急救命士の仕事と主な勤務先

救急救命士とは、急な病気やケガにより自力で病院に移動できなくなってしまった人を救急車で必要な治療をすることができる病院にまで搬送する仕事です。
主な仕事は出動する救急車に同乗し、搬送される間に患者さんに対しての救急措置を行っていきます。

搬送される患者さんは病院に移動するまでのわずかの間に適切な処置をすることにより、命が助かったりのちの後遺症を防ぐことができたりします。
救急救命士の仕事はそうした一刻を争う事態にある患者さんに対し、医師と連携しながら医療行為をしていくための重要な仕事です。

なお救急車に乗車するということ自体には救急救命士の資格は必ずしも必要ではなく、最初に救急車の呼び出し要請を受けたときに資格者が必要であるかどうかを消防署で判断をして同乗する人員を決めていきます。

法的な義務ではないのですが、できるだけ救急車の出動を担当する消防症では出動をするときにチームの単位となる3人ずつのうち最低でも1人は救急士の資格を所有する人材が含まれるようにしています。

救急救命士としての適性とは

救急救命士という資格は医療系の資格の中では比較的新しくできたものなので、まだ資格所有者はそれほど多くはありません。
資格ができたのは1991年のことで、それ以前までは消防署員が無資格のまま応急処置を担当していました。

しかしそうした消防署員としての訓練だけでは緊急時の応急処置に十分に対応ができず、また医療行為をするには医療系の資格が必要であるためどうしてもできる行為が限定されてしまうという問題点から新たに救急救命士という資格が設置されることになったのです。

救急救命士としての仕事をしていく上でもっとも必要になるのは、しっかりとした応急時の処置のための知識ともう一つ緊急時に冷静に対応することができる精神力です。
病院などでの救急病棟で勤務をする医師や看護師にも同じことが言えますが、通常の通院とは異なり対応する患者さんへの生命への責任の重さが桁違です。

そのため常に緊張感を持って業務に望まなくてはならず、そうした勤務におけるプレッシャーにも耐えられるようにしていかないといけません。
それともう一つ、仕事をしていく上では体力も重要になります。
消防士ほどではありませんがきちんとした体力づくりと健康管理ができないと長く勤務をしていくのは難しいでしょう。

現在の就職状況と展望

救急救命士の仕事は主に救急車での出動ですが、その他にも学校や公共施設に出向いて救急救命のための指導を行うこともあります。
現在ではAEDも多くの施設に設置されるようになっており、資格者だけでなくより多くの人にとって救命の知識は必要です。

ですので消防署に勤務をする人やその予定の人以外にとっても、救急救命士の資格は目指しておいてもまったく損はありません。
消防署に勤務する以外にも、スポーツジムやプールなどの施設に勤務をするときにも持っておくと便利な資格です。