歯科衛生士の仕事

歯科衛生士の仕事と主な勤務先

歯科衛生士とは、歯科医院に勤務をして歯科診療のサポート業務を行うための仕事です。
病院や診療所のような医療機関では医師を中心に看護師や検査技師といったような体制が整えられていますが、歯科診療施設においてはそれらとはまた別の組織によって運営されています。

歯科診療を行う施設として最も多いのはやはり全国で運営されている歯科医院ですが、そこでは歯科医師を中心に歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手といったスタッフがそれぞれの担当を行っています。

歯科衛生士というのはいわば医療施設における看護師のようなもので、歯科医師の指示を受けてその内容に従って診療をしていくことになります。
基本的には歯科医の指示を受けての業務遂行となるので、歯科医師のいない場所で独自に仕事をしていくということはできません。
ですので必然的に勤務先となるのは歯科医師のいる歯科医院や病院ということになります。

歯科衛生士としての適性とは

歯科衛生士とよく似た仕事として歯科助手というものがありますが、この二つは全く異なる仕事をします。
まず最も大きな違いとなるのが歯科衛生士は国家資格を得ていなければいけない仕事であるのに対し、歯科助手は無資格でも勤務が可能であるという点です。

歯科助手は通常の病院施設などにおける「医療事務」のようなもので、実際の勤務においてはそれなりの専門知識が必要な場合も多くあるものの基本的には無資格でも務まるものとなっています。

逆に言えば歯科衛生士としての仕事には国家資格の合格に伴う重要なものが含まれてくるので、それだけに仕事における責任も高くなってきます。
歯科衛生士が専門に行うことができる業務としては「歯科予防処置」「歯科診療補助」「歯科保健指導」の3つが定められています。

このうちわかりやすいのは「歯科診療補助」で、歯科医師が歯科診療を行っているときにそのサポートをする業務をしていくことになります。
歯科特有なのが残り二つの「歯科予防処置」と「歯科保健指導」で、こちらは虫歯治療や抜歯といった本格的な治療ではない歯石の除去や歯磨きといった指導といったことを担当することになります。

しかしながら現状ではこうした本来歯科衛生士の資格所有者でなければ行ってはいけない業務を無資格の歯科助手に行わせているという歯科医院が少なくないということがわかっています。

現在の就職状況と展望

歯科衛生士の資格は国家資格であり必要な課程を経なければいけないという難しいものですが、資格取得者数は決して少ないわけではありません。
にも関わらず違法に無資格者に歯科衛生士の業務を行わせている歯科医院が多いのは、資格を得ている人員の人件費を少しでも浮かせようというような考えに基づくものです。

あるいは歯科医師が歯科衛生士の業務を軽いものとして見ている可能性もあります。
ですのでこれから歯科衛生士として仕事をしていくなら、きちんと適法な仕事を指示しているところをよく選ぶべきといえます。

現在は歯科医師あまりと言われているほど全国各地に多数の歯科医院が開業しており、赤字に苦しむ歯科医院が多く見られています。
しかしながら赤字だからといって無資格の歯科助手に歯科衛生士の仕事を任せてよいという言い訳にはなりませんので、そうした場所で勤務をするということ自体が歯科衛生士としてのキャリアを汚すことになってしまいます。

就職先を選ぶときには安易に条件だけで選ぶのではなく、しっかりした運営ができているかということを気にして選んだ方がよいと言えるでしょう。