臨床検査技師の仕事

臨床検査技師の仕事と主な勤務先

臨床検査技師とは、病院で行われる様々な検査を担当しその結果を伝えるという仕事です。
病院を訪れる患者さんの多くは自覚症状の問診だけで正しく症状を確認することができませんので、まずは最初に体の内部の状態を確かめるためのテストをしていくことになります。

近代医学においては高度な検査機器を使用して体の隅々までを検査することができるようになっているので、それらの機材を正しく扱うことができる人材が必要です。
臨床検査技師は国家資格となっており、就業をするためには大学・短大・専門学校で必要な課程を経たあとに国家試験に合格をしなくてはいけません。

そうした厳しい資格制度を設けているのも年々高度化していく医療機器を正しく使うことができる人材を育成するためであり、それだけに臨床検査技師という仕事に求められるスキルも高くなっていると言えます。

最近では臨床検査技師という資格とは別にがん細胞を早期に発見するための「細胞検査士」や、超音波を使用する機器を使う専門家である「超音波検査士」といった資格も登場しており、臨床検査技師という資格にどういったものを積み上げていくかということが重要になっています。

臨床検査技師としての適性とは

臨床検査技師の仕事は大きく分けて「検体検査」と「生理機能検査」という二つに分類できます。
ごく簡単に説明をすると「検体検査」とは人の体から採取した尿や血液といったもの(検体)を詳しく分析することで病気の有無を判断するもので、もう一つの「生理機能検査」は心電図検査や脳波検査のように特殊な機器を使用してその人の体の状態をチェックするというものです。

臨床検査技師として資格を取得する場合にはこの二つのいずれにも高い専門知識を備えることが必須条件となっていますが、実際に勤務をする段階になったときにはどちらかに専門を絞ることが必要になってきます。

より高度なスキルが必要となるのは後者の「生理機能検査」の方で、都市部の基幹病院などに勤務をするときには毎年のように販売される新しい医療機器に対応していくための力が求められます。
ただそうした検査機器は全て臨床検査技師に丸投げされるわけではなく、他の超音波検査士や診療放射線技師のように特定の分野の資格がある人のところに依頼されたりします。

しかしいずれにしても新しい医療検査機器についての情報をきちんと調べ、それに対応できるような知識を得ておくという姿勢は臨床検査技師として必須のスキルとなります。

現在の就職状況と展望

臨床検査技師という仕事は医療関連の業務でもかなり専門性が高いため、今後も高いニーズとして求められていくことが予想されています。
ただ現在の業務である「検体検査」については今後より高度は分析機械が登場することにより、技師を通さなくても検査結果が担当医に伝わるようになるというしくみは整えられる可能性はあります。

今後安定的に臨床検査技師としての仕事をしていくために必要なのは、高度化する医療機器に対して正しい知識を持ち、その結果をきちんと他のスタッフと共有することができるという能力です。
いずれにしても臨床検査技師という仕事は自分のみで成り立つものではなく、他のスタッフとどう連携していくかということで能力が試されるので協調力や連絡体制をしっかり作っていけるかが長く仕事をしていくときのポイントになります。